バーナンキ・ショック、短期ドル売り一巡後の展開が焦点に!?

画像

 「バーナンキ・ショック」―――。 注目のバーナンキFRB議長の証言を報じたメディアの第一報は、「タカ派色の薄い内容」というものであり、広範なドル急落を誘発するきっかけとなったが、証言内容は基本的に6月のFOMC声明を踏襲する内容に沿っており、むしろ議会証言前に発表された米6月コアCPIの上昇で高められた市場でのインフレ期待の反動という側面が強い。

 証言で料視されたのは、①米景気の減速が続いている、②今後数四半期でコアインフレ率が低下する可能性、③今後の金融政策判断は過去の利上げを考慮――といった部分であり、市場の短期金利見通しを反映するFFレート先物市場では、CPI発表後に8月の利上げ確率が90%まで上昇したが、FRB議長の証言後には66%まで低下している。

 しかし、バーナンキ議長は「追加的な金融引き締めの程度と時期は物価と経済成長の見通しの変化に左右されるだろう」と述べており、9月以降の利上げ確率は80%以上を維持しており、仮に8月に金利据え置きとなった場合でも、追加利上げ観測が継続することを示している。

 つまり、短期金利ベースで5.25%という先進国中で3番目に高い金利水準が続くことになり、足元の地政学的な不確実性の増幅でリスク忌避的な投資行動が正当化される状況下では、待機資金の受け皿として選考され続ける可能性は高いといえよう。 ファンドマネジャーの視点に立てば、ドルベースでパフォーマンスを競い合うグローバルな投資家にとって、(待機資金で)年率5.25%という絶対金利収益が得られるメリットは軽視することはできない。

 一方、短期的な投機筋にとっては、昨日の議会証言は絶好の利食い場面となったものとみられるが、IMM日本円先物市場では06/02以降に構築された含み益を抱える円ショートポジション(ドルロング)が、どの程度まで決済されるのかが今後の焦点の一つとなってこよう。

 昨日は、バーナンキFRB議長の証言を好感して米主要3株価指数は全面高となり、債券市場も大幅に買われており、米国経済がスタグフレーションのリスクに直面しているというよりも、むしろFEDが描くソフトランディング・シナリオに沿って推移している可能性も指摘されよう。

 いずれにしても、米金融政策は利上げ最終局面に位置するものと観測されるが、次回08/08のFOMCまでは3週間弱も時間が残されており、この間に発表される経済指標次第ながら、相対的なドル優位が続く可能性は高く、腰の入ったドル売り仕掛けは時期尚早といえるかもしれない。

 本日のNYタイムでは、週次-新規失業保険申請者件数、6月-景気先行指数、7月-フィラデルフィア連銀景況指数、FOMC議事録・06/28-29開催分といった注目度の高い指標が目白押しとなっているほか、昨日の上院での議会証言に続いて下院でバーナンキ議長は証言を行う予定となっている。

 議会証言は基本的に前日のテキストが使用されるため、上院での内容と同様になると思われるが、質疑応答ではサプライズ的な発言が飛び出す(⇒質問者が引き出す)可能性もあり、注意しておきたい。


 そして、明日で「人民元切り上げ1周年」(07/21)を迎えるが、景気過熱抑制策(4-6月期GDPは前年同期比+11.3%と10年余りで最も高い伸び)の一環として新たな為替流動化策や利上げが実施されるとの思惑が燻っており、サプライズ的な政策発動の可能性は留意しておきたい。
足元のドル上昇や米中金利差拡大により、人民元の許容上昇余地が高められているほか、何といっても中国人民銀行の政策変更は木曜日(定番日)に行われることが多いため、欧州タイムで思惑が高まる可能性も念頭に置いておきたい。

(7月20日 10:50記)

"バーナンキ・ショック、短期ドル売り一巡後の展開が焦点に!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント