FEDの“インフレ警戒”継続で取引レンジは116円Mid-118円Highへ上方シフトも!?

画像

 世界同時金融引き締めと地政学的不確実性の増幅といった視界不良の市場環境のなかで、ドルが全面高の展開となっている。 

 米同時テロ(2001年9月)以降は、ブッシュ政権の先制攻撃の論理とともに「有事のドル売り」が定着しつつあったが、米国の一国主義的な強硬姿勢は国連安保理を舞台とする国際協調へと柔軟化し、「有事のドル買い」の地位を取り戻したかのようにもみえる。 
 事実、今週のドルは、伝統的に安全資産とされてきたスイスフランに対して5月初め以来の水準へ上昇している。

 グローバルな投資家がリスク回避志向を強める状況下、取引の主体は既存ポジションの「キャッシュ化」や「質への逃避」、そして「ホームバイアス」を正当化するが、こうした中で高金利通貨としての地位も取り戻したドルがアドバンテージを有している事実は否めない。 

 米短期金利の誘導目標となるFFレートが5.25%へ上昇したことにより、様々な取引を通じてドル買い需要を高めることになる。
 ・ インターバンク等の短期資金の米国への流入を促す
 ・ 米企業の資金調達コスト悪化により海外利益のリパトリ(=本国回帰)を促す
 ・ 多国籍企業が保有するキャッシュポジションの現地通貨からドルへのシフトを促す
 ・ 米投資家の対外投資における為替ヘッジ比率(=ドル買い)を高める
 ・ 海外投資家のドル債投資の為替ヘッジ比率(=ドル売り)の低下を促す
 ・ ヘッジファンドや投機筋のベース・ポジションのドルロング傾斜を促す

 こうした状況下、昨日発表された米6月PPI(生産者物価指数)が総合ベースで前月比+0.5%と事前予想の0.3%を上回ったことを受けて、追加利上げ観測が再燃している。
 前回6月のFOMC以降に発表された経済指標は、景気減速を示唆する指標が相次ぐ一方で、インフレ率の上昇を懸念させる指標が相次いでおり、FEDが声明で示したインフレ圧力の抑制は確認されていない。(⇒原油価格は6月のFOMC開催時を3㌦超も上回っている)

 このことは、本日最大の注目イベントであるバーナンキFRB議長の半期政策報告に関する証言が、引き続きインフレ警戒を示すタカ派的な内容とならざるを得ないことを示している。
市場はこうした動きを先取りする格好で金利先高観を強めており、FFレート先物市場のインプライド金利は8月FOMCの利上げ確率が70%へ上昇していることを示している。

 市場では、バーナンキFRB議長が今回の半期議会証言で「景気減速」と「インフレ懸念」のどちらに比重を置くかが注目点となっているが、FRB議長のインフレファイターとしての本気度が試される局面でもあり、来るべき利下げに向けて信認を回復することができるかどうかが真の焦点とすることができよう。

 何故なら、インフレファイターとしての確固たる信認が確立されていれば、景気配慮の利上げ休止、または利下げへの選択肢も広がるが、インフレに対して弱腰との見方が残存する限り、利上げ休止はインフレ懸念が再燃した場合に長期金利の急騰とドル急落リスクを高めることになりかねない。

 FRBは過去12回の引き締め局面のうち8回もリセッションを招いている。 2004年6月を起点とする累積利上げはすでに425bpにも達しており、利上げ行き過ぎによるリセッションやスタグフレーションのリスクは過去の引き締め局面よりも高められており、中間選挙突入前の今回の半期議会証言はバーナンキ議長にとってインフレ抑止の強い姿勢(信認確立)を示すラストチャンスとなりそうだ。

(7月19日 11:25記)


本日のマーケット・コメントの中で誤りがありましたので、以下のように訂正させていただきました。
・ 海外投資家のドル債投資の為替ヘッジ比率(=現地通貨売り)の低下を促す
   「現地通貨売り」を「ドル売り」に訂正しています。

(7月19日 13:00記)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

PP
2006年07月19日 15:30
はじめまして
森先生のFXに対する崇高なお考えに心動かされ、多面的な分析リポートを日々楽しみにしております。

早速ですが、初歩的な質問で申し訳ありませんが、USD/JPYで、
H&S同様、確度の高いチャートパターンといわれるCup with Handleが出現しておりますが、
一般的には、
ターゲットは、ボトム~カップ上限ラインの等倍でよろしいのでしょうか?
あるいは、それ以上なのでしょうか?
ご教授の程、お願い致します。

Cup部
7/5)115.76→7/10)113.45→7/12)115.73
Handle部
7/12)115.73→7/13)115.01→7/14)115.73
(多少の乱れはありますが、Cup部の1/3の深さで理想的なパターン)
Target
115.73+(115.73-113.45)=118.01?


PP
2006年07月19日 15:31
(続き)

ファンダ面では、FRB議長のハト派発言予想も、
昨日のPPIに続き、本日のコアCPIも上ブレしそうで、タカ派な内容に変化せざるを得ず、
118.00手前で一旦はじかれても、
上昇トレンドライン上限をトライすることになりそうですね。
GBP/JPYが波乱要因になることも・・・
かつてのGAP上限(116.55)が当面のサポートになり、113.45を下抜くXデーのタイミングがいつになるのか?USD/JPYは、トラブル相場の始まりと考えております。


mori
2006年07月19日 15:53
PPさん、はじめまして

「Cup with Handle」ですか。
面白いチャートパターンを見出されましたね。
パターン完成によるターゲットはHandleを上抜けたところにCupの値幅を加算するのだと思います。

その精度は、チャートパターンを如何に多くの市場参加者が認識しているかにも左右されるものと認識しています。

USDJPYがトラブル相場の始まりというお考えも面白いですね。米政権もこの点を認識している可能性が高いと思います。
ポールソン米財務長官は、そのトラブルを最小限にとどめるためにどのような政策を打ってくるのか注目されるところですね。
PP
2006年07月19日 16:17
早速のご回答ありがとうございます。

仰せの通り、
豪腕ポールソンのお手並み拝見ですね。
今後ともご指導の程宜しくお願い致します。
fumikosagawa
2006年07月19日 21:59
moriさま今晩は
よく雨が降りますね
今日は休みでしたが、為替にのめりこんでいると
なんだかブルーになりますので、ボランティア
の外出介護の登録にいってきました。
お年寄りでなかなか車椅子では出かけられない
方々や、障害をお持ちの子供さんの外出のお手伝いに登録してきました。
講習を3日ほど受け先輩の方々とボランティア
に参加することにしました。
なんだか心が晴れ晴れとしました。
来月から実際に参加します。
為替はなんだかカナダだけでおくれているようなきがします。
やはり、金利かな?
でも104円になったら処分して少し休みます。
冷静に市場をみるためです。
ちょっと生意気ですか^^
ふみこ
EURO SELLER
2006年07月19日 22:02
森さん、
CPIが予想より高かったことで、USDが全面高になりました。あとはバーナンキ証言を待つだけになりましたが、こういうときには議長の信認が本当に試されると思います。今後の利上げにかかわらず、現在の強気のセンチメントには強気で答えてもらいたいものです。そうでないとやはり空気が読めない議長ということになり、ドルは失速するかもです。

でも、学者肌だからどっちにも取れる可もなく不可もない答弁になりそうで不安です・・・(^_^;)
mori
2006年07月19日 22:13
fumikosagawaさん、こんばんわ

ボランティア、いいですね。
最も重要なことは心が晴れ晴れとしたと感じたことでしょうね。そしてもう一つ、冷静に市場を観察するという気持ち。
トレイダーとしての資質を持ち合わせているんですね。だから、鋭い直感も生まれてくるんですね。
恐るべし、ドラゴンボール世代のOLトレイダー!!

EURO SELLERさん、こんばんわ
バーナンキFRB議長は同じ失敗は二度しないと思いますが、中間選挙前ですから、議会を刺激しないように配慮するかもしれませんね。
Bloomberg に面白いコラムがありましたので、是非とも読んでみて下さい。
タイトルは「【米経済コラム】グリーンスパン氏が後任議長に奥義伝授? 」です。
思わず声を出して笑っちゃいましたが、的を得ていると感じました。
http://www.bloomberg.co.jp/news/commentary.html
EURO SELLER
2006年07月19日 23:36
ベン、どうも処置なしですね。これでさらに指標がインフレを示したときどういう言い訳するのでしょう。ダッチロール発言ではないでしょうか。Every Breath You Take ->
http://www.youtube.com/watch?v=3u2qRXb4xCU&search=bernanke
初心者KT
2006年07月19日 23:37
こんばんは、先生。
今さっき、マーケットから退場いたしました。
-16Pで、とても残念です。12戦目で今月の初黒星です。
バーナンキ議長はインフレファイターとして市場に強くアピールできたのでしょうか(信任を得たのでしょうか!?)
これか、マーケットの答えなのでしょうか?どう観てもハト派的な発言ですが。。。。
mori
2006年07月19日 23:54
こんばんわ

バーナンキFRB議長証言を受けてメディアは一斉にDovishと評していますね。市場の反応は想定できたはずなのに、スタグフレーションのリスクに怯えているのでしょうか?
だから、金融界からポールソン氏を起用する必要があったわけですね。

それでも円は弱く、USDJPYは116円Midを割り込む気配がみえないですね。
初心者KT
2006年07月20日 00:06
先生、今日の負けは-16Pでしたが とても勉強になる負けでした。今後ともご教授ください。
PS:円弱いですね。それと暴力的なドル下落なき事を祈っています。
mori
2006年07月20日 00:31
KTさん、流石ですね。
前向きに捉えることで、必ず今後のトレーディングにいきてくると思いますよ。
こうした売買の積み重ねが、KTさんの経験則として、今後のトレーディングにおいて成果を発揮すると思いますので、売買日記を付けるといいと思います。
年末に笑えるようにすればいいですからね。
EURO SELLER
2006年07月20日 00:35
再度、こんばんわ
GBP/USDで-60PIPS持っていかれました。
今回のバーナンキ発言はまったくの想定外です。Q&Aで正直に答えすぎるんですね。こちらは、CPIで油断してしまいました。自戒、自戒と受け止めます。

この記事へのトラックバック