重要イベントを控え「チャートポイント」意識した値動きに!?

 週明けのマーケットは、これまで堅調に推移してきたクロス円全般に調整が入り、USDJPYも欧州タイムで113.45円まで売られたが、このあと一転して買い戻しが優勢となり、NYタイムで114.33円を付けた。
 この日は、特段の指標やイベントがあったわけではなく、むしろ今週後半から来週にかけて重要イベントが目白押しとなっており、一方的な値動きには歯止めが掛かる格好になったといえよう。

        <当面の重要イベント>
07/10: 国連安保理、北朝鮮制裁決議案の採決先送り
07/12: イラン核問題を巡る六カ国外相会合
07/14: 日銀金融政策決定会合
07/15: サンクトペテルブルク・サミット(主要国首脳会議)
07/19-20: バーナンキFRB議長、半期議会証言

 今朝の日経金融新聞の「ポジション」では、外為証拠金取引の登場で個人投資家が相場を動かし始めており、最近ではケイ線分析の「節目」の重みが増しているとの観測記事を掲載している。 

 昨日のUSDJPYは、Fibonacci retraceの113.75円処(=38.2% of 108.97⇒116.71)を抜けた瞬間、値が一瞬にして15銭程度も飛ぶ場面がみられたが、記事は市場参加者が次に注目するケイ線上の節目は112.84円処(=50.0% of 108.97⇒116.71)で、この水準を超えると本格的に円買いに弾みがつくとみられていると締めくくっている。

 確かに、チャート分析はこの10年で急速に広がり、中でもGolden Ratio(黄金分割)や一目均衡表は国内だけでなく海外でも幅広く使用されており、チャートポイントが持つ意味合いは以前に比べて格段に増しているといえよう。

 昨日のUSDJPYは、113.45円で下げ止まったあと急速に切り返しているが、重要イベントを控える状況下であったため、次の「節目」となるFibonacci retraceの113.38円処(=61.8% of 111.32⇒116.71)の手前で利益確定の買い戻しが入り、同時にリバウンド狙いの買いが入ったと見ることができよう。 

 そして昨日の安値113.45円からのリバウンドは、Minor Fibonacci retraceの114.22円処(=23.6% of 116.71⇒113.45)を達成しており、ひとまず利益確定売りが先行しているものと観測することができる。

 日替わり材料で揺れ動く最近の「トレーディング相場」を上手く捉えた短期売買とすることができ、来週にかけては上記重要イベントのほかに米インフレ指標の発表も予定されているため、引き続きチャートポイントを意識した短期筋主導の値動きは念頭に置いておきたい。

 但し、EURUSDは07/12時点で『転換線』が『基準線』を上抜いて「強気シグナル」を点灯する見通しとなっているため、チャートポイントに加えてこの点も注視していきたい。     

(7月11日 10:55記)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

fumikosagawa
2006年07月12日 00:57
コツコツ貯めたお小遣いで為替を始めようと思
っていますが、moriさまのご意見が一番的をえ
ているように感じています
カナダにホームステイしたことがありますので
カナダ・円を買ってみようかなと思っています
カナダはバランスがよく治安もよくサンドオイ
ルとかもたくさんあるようなので安心かなと思
っています。
でもなんだかこのごろニュージーランド通貨が
評判を落としたようにもなっているような気がしています。
将来的にはよさそうではありませんか?
mori
2006年07月12日 07:10
おはようございます。

CADJPYですね。
ドルブロック圏通貨(CAD,AUD、NZD)に関しては、カナダロイヤルバンクのディーラーとの情報交換でファンダメンタルズ面での詳細な情報はある程度は把握しているつもりです。

足元では、雇用統計ショックの余韻や金利打ち止め示唆があり、調整局面にあると捉えていますが、調整度合いが焦点になっています。

ただ、今後どのようなスタンスで為替取引を始められるのかわかりませんし、日々マーケットは様々な要因を織り込んで推移していますので断片的なコメントでのアドバイスには限界があります。

将来的ということですと、テクニカル面では70円台から上昇してきた相場であり、波動分析では90円台前半への値幅調整か、日柄面での調整を想定しています。

一度、長期的なチャートを眺めながら売買スタンスや方針を考えてみたらどうでしょうか?

だるま猫
2006年07月12日 07:13
将来的には? ? ?
時間軸の概念が欠如しているド素人には、
そのレベル分相応なサイトがあるはずです。
為○王にでもお伺いを立ててみれば・・・
mori
2006年07月12日 07:53
だるま猫さん
「時間軸」の概念は、とても重要なことですね。ただ、厳しい言葉ではなく、やさしく応援してあげてください。お願い致します。
fumikosagawa
2006年07月12日 08:12
抽象的な質問に丁寧におこたえいただき
ありがとうございます。
私にも始めての為替投資のスタートですので
長くもつのか早めに売り買いするのかも
迷っている状況です。
ただカナダに好感を持っていたので、ここから
始めようとおもいました。
でも長い目でみると怖そうですね。
104円台から見はじめましたので、そろそろ
買ってみようかなと思ったのですが、一月単位
のチャートをみましたら随分高くお山のてっぺん
みたいにみえました。
早めの売り買いで少しだけ上がって売るのは
可能性があっても長くもてないなと感じました
ありがとうございました。
mori
2006年07月12日 08:21
fumikosagawaさん、

ここは孤独に作業している私にとって唯一の社交場となっています。
またお気軽にコメントしてくださいね。

この記事へのトラックバック